すのこベッドのカビ対策・予防

すのこベッドは通気性の良さから布団にカビが生えにくいという特徴があります。

しかし、あくまでも「生えにくい」だけでありカビとは全くの無縁という意味ではないため、普通のベッドを使うときと同じようにカビ対策・予防は重要です。

もちろん、すのこベッドに布団を載せているだけで常時干しているような状態ですので、普通のベッドほど神経質になる必要はありませんが、それでも最低限の手間をかけるかどうかで寿命がかなり違ってきますので、手を抜かないようにしましょう。

カビ対策・予防

布団を干す

真っ先に考えられる対策は布団を干すことです。

すのこベッド自体の通気性が良いといっても基本的に室内の話ですので、やはりたまには風通しの良い場所で布団に日光に当ててやった方が良いでしょう。

梅雨~夏などの雨と湿気の多い時期には屋外に布団を干すことは難しいので、布団乾燥機を活用すると確実です。

すのこを乾燥させる

湿気が多いと布団だけではなくすのこそのものにもカビが生えてしまう可能性がありますので、すのこ自体を乾燥させることも重要です。

流石にすのこをベランダに干すわけにはいきませんので、窓際などの風通しの良い場所に移動させてやってしばらく風をあててやりましょう。

折り畳みができるベッドタイプならキャスターが付いているはずですし、床置きタイプは持ち運べる程度の重さのはずなので移動は楽に行えると思います。

すのこに風を当てている間にすのこベッドの設置場所周辺を掃除することもできるので、すのこベッドの乾燥作業を定期的に行うメリットは大きいです。

除湿シートを使う

最強のカビ対策・予防の方法は、除湿シートとすのこベッドを併用することです。

除湿シートはその名の通り湿気や汗などの水分を吸収するためのものであり、単体でも布団のカビ対策・予防として十分な効果を発揮しますので、すのこベッドと組み合わせて使用すれば正に鬼に金棒です。

梅雨~夏場などの湿気が多い時期はもちろん、汗をかきやすい体質の人は除湿シートがあると安心です。

それでもカビが生えてしまったら

どのような対策を行ったとしても、カビが生えるときは生えます。

布団についてはクリーニングに出して何とかなるならそれで良いですし、あまりにも酷い場合には捨てるしかないと思います。

また、すのこベッドそのものにカビが生えてしまったときは、カビの生え方によって対応が分かれます。

拭き取る

すのこの表面にカビがうっすらと生えているような状態であれば、固く絞った布で拭き取れますので簡単に対処できます。

拭いた後は風を当てるなどして水分を飛ばせば一安心です。

定期的に布団とすのこベッドの手入れを行っていれば、この段階でカビの発生を食い止められるため重症になることはないと思います。

削り取る

カビがすのこの表面だけではなく数ミリくらいの深さまで達しているようなら拭き取ることは不可能ですので、思い切って紙やすりなどで削りとってしまうのが良いです。

削るときはカビが残ると困るのでやや深めに削りましょう。

作業後は削り取らなければならないくらいのカビが生えてしまったという事実を重く受け止めて、再発防止のために先述のカビ対策を積極的に行うようにするべきです。


すのこベッドをネット通販でお得に購入する方法!
☆詳細はこちら☆
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加